トップページ > 介護職員初任者研修講座(通信)

平成30年度 介護職員初任者研修講座(通信)

介護職とは高齢者や障害者の方々に対し、入浴・食事・排泄など日常生活をサポートしていくお仕事です。そこには、やさしさや思いやりのある心と、介護に関する確かな知識や技術が求められます。
これから日本は超高齢化社会を迎え、ますます介護職のニーズが増していきます。
当法人のご高齢者に対するモットー「介護のこころは”敬愛と感謝”」のもと、実際の現場で実習を行いながら、必要な知識を身に付け、やりがいのある仕事についてみませんか。

法人情報
法人格・法人名・住所など 社会福祉法人常陽会
新潟市江南区三百地2312番地3
代表者名、 研修事業担当理事・取締役名 理事長  志田 常弘
研修機関情報
事業所名称・住所など 社会福祉法人常陽会
新潟市江南区三百地2312番地3
理念 [常陽会の介護憲章]PDFアイコン
学則 [学則]PDFアイコン
研修施設・設備 [講義、演習会場見取図]PDFアイコン
研修概要
対象 ・介護の現場で働きたい方
・ボランティア活動したい方
・家庭介護のために技術を身につけたい方
研修のスケジュール 【11月コース 】PDFアイコン 平成30年 11月8日(木)~平成31年3月7日(木)
定員と指導者数 定員 24名
指導者数 24名
研修受講開始までの流れ (募集、申込み) 受講に係る申込み手続きは次のとおりとする。

    1. 申込用紙へ記入し郵送[申込用紙はこちら]PDFアイコン
      または、Webで申込み[申込フォームはこちら]
    2. 受講決定者へ受講決定通知書を送付
    3. 受講決定通知書を受取り後、研修参加費を指定口座へ振込
    4. 入金確認後、教材を発送

費用 83,000円(税込)
特徴、受講者へのメッセージ 当講座は、新潟市内各所に事業所を展開する社会福祉法人常陽会が開催する講座です。
費用がどこよりもお得なのには理由があります。

  • ★常陽会の施設にて現役で働く職員が講師を担当
  • ★常陽会の施設を使って実習を行うため

現場で働く講師の生の声を聞くことにより、現場での臨場感が沸き、働く自分の姿をイメージしやすくなります。

課程責任者
課程編集責任者 社会福祉法人常陽会
理事長 志田常弘
研修カリキュラム
科目別シラバス [科目別シラバス]PDFアイコン
科目別担当教官名 [担当講師一覧]PDFアイコン
科目別特徴 [カリキュラム表]PDFアイコン
科目別通信の内容及び時間 [研修区分表(11月コース)]PDFアイコン
通信課題の教材・指導体制・指導方法・課題 自宅での個別学習は、選択式問題27題、レポート課題10題によることとする。
《評価方法》

  1. 選択式問題は、事務局にて解答用紙を添削し、理解度の高い順にA・B・C・Dの区分で評価する。理解度がDの場合は、再提出させ、再度評価を行う。
    A:90点以上  B:80~89点  C:70~79点  D:69点以下
  2. レポート答案の合格水準及び評価方法は、提出されたレポート答案を担当講師が添削し、理解度の高い順にA・B・C・Dの区分で評価する。理解度がDの場合は、再提出させ、再度評価を行う。
    A:90点以上  B:80~89点  C:70~79点  D:69点以下

《個別学習への対応方法》
自宅での個別学習による質疑応答等には、事務局が電話、FAX、質問票等で適切に対応し、担当講師の指導の下で理解度を高め、学習効果を上げる。また、合格水準を満たさなかった受講者は、適宜複数回にわたって課題の再提出、添削等を実施し、合格水準に到達するまで再評価を行う。

修了評価
修了評価の方法、評価者、再履修などの基準
  • ①修了の認定は、カリキュラムを全て履修し、「9 こころとからだのしくみと生活支援技術」科目における生活支援技術の習得状況の確認において介護技術の習得が講師によって評価され、かつ、修了評価の結果が事業所の定める水準を超えるものであることが事業所において確認された受講者に対し行う。
  • ②修了評価は、全てのカリキュラムの履修後、筆記試験により行うこととする。なお、当該筆記試験については、100点満点評価とし、理解度の高い順にA・B・C・Dの区分で評価し、C以上で修了時に到達すべき水準に達したもの(合格)と認定する。
    A:90点以上  B:80~89点  C:70~79点  D:69点以下
  • ③合格に達しなかった受講者については、再試験の受験前に必要な補講を受講した上で、再試験を受けることとする。
研修カリキュラム
実習機関の名称、住所など [実習施設一覧表]PDFアイコン
講師情報
名前 略歴、現職、資格 [担当講師一覧]PDFアイコン
年度ごと研修実績情報
開催年度 研修実施回数(延べ参加人数)
平成27年度 1回実施(10名)
平成28年度 2回実施(15名)
平成29年度 2回実施(19名)
連絡先など
申込み・資料請求先 社会福祉法人常陽会 本部企画部(初任者研修講座事務局)
〒950-0107 新潟市江南区三百地2312番地3
TEL 025-278-5800  FAX 025-278-5231
mail honbu@jyouyoukai.or.jp
担当:古泉由美子、深石恵
法人の苦情対応者
事業所の苦情対応者

申込方法

当法人指定の申込用紙へ必要事項を記入の上期日までに郵送、またはWebの申込フォームに必要事項を入力の上、Web手続きにて期日までにお申し込ください。
お申し込みの際には本人確認書類の添付をお願いします。書類審査のうえ受講者を決定し、受講決定通知書をお送りいたします。
通知書を受け取りましたら、期限までに研修参加費用をお振込みください。

修参加費用の納付を確認した後、テキストをお渡しします。

申込み・お問合せ先 申込フォームまたは上記住所まで
介護職員初任者研修講座(通信)申込フォーム
■氏名(必須)
■メールアドレス(必須)
■住所(必須)
■連絡先
自宅電話:

携帯電話:
■生年月日
 昭和 平成 年 月 
■職業
 主婦 学生 無職 会社員
■受講目的
■申込のきっかけ
 新聞広告 知人の紹介 インターネット その他

 

 

syoninn660

お問い合わせ

025-277-8820

  • 新潟市中央区の施設を探す
  • 新潟市江南区の施設を探す
  • 新潟市北区の施設を探す
  • 新潟市東区の施設を探す
  • 新潟市南区の施設を探す
  • 新潟市秋葉区の施設を探す
  • 新潟市西区の施設を探す
  • 新潟市西蒲区の施設を探す

  • 在宅サービス対応施設を探す
  • 地域密着型サービス対応施設を探す
  • 入所サービス対応施設を探す
  • 介護保険外のサービス対応施設を探す

空室情報

職員募集・ボランティア募集

介護職員初任者研修講座

介護職員実務者研修講座

喀痰吸引等研修