トップページ > 安い費用負担の特別養護老人ホームは困窮者のために、富裕の人には応分の負担を

安い費用負担の特別養護老人ホームは困窮者のために、富裕の人には応分の負担を

 特別養護老人ホームはもっと資産のない困窮した人々のために、十分な入所枠をもって用意されるべきではないでしょうか。現在、特別養護老人ホームは不足しています。今後さらに高齢者は増えていきます。国はこれらの人々のために、これまで以上に特別養護老人ホームを造らなければならないでしょう。それはそれで良いとしても、特別養護老人ホームをつくるには現在、建物部分においては国、県が3分の2の補助金を出し、それを運営する社会福祉法人などでも、自治体によって違いはあるでしょうが、大抵の場合、建物部分の3分の1の資金とその敷地となる土地の全部を用意しなければなりません。
  このことは、困窮している人たちのためならやむを得ないでしょう。しかし富裕層にまで、国や社会福祉法人が負担しなければならないのは、いかがなものでしょうか。そのような中でも福祉の現場に働く人たちは、「王侯の介護」にまい進しています。彼らの多くは、いや、すべてというべきかもしれませんが、まだまだ給与面では決して恵まれていない状況です。彼らの働く気概を支えているのは、多分に「ボランティア」精神なのです。その点、私は敬服をしないわけにはいきません。
  つまり、彼らの「王侯の介護」もまた富裕層に対しての奉仕なのです。私が問題にしたいのは、富裕層の人たちの介護に対して、これを支える多くの人たちは、その身以上の奉仕の精神を提供しているということです。果たして現在の資本主義社会で、これを当たり前のこととして良いでしょうか。
  そこで私が提案したいのは、現在介護のエースの感さえする特別養護老人ホームは困窮者のためのみに限定し、富裕層からはそれ相応の対価を支払ってもらう施設を造るべきだということです。

お問い合わせ

025-277-8820

  • 新潟市中央区の施設を探す
  • 新潟市江南区の施設を探す
  • 新潟市北区の施設を探す
  • 新潟市東区の施設を探す
  • 新潟市南区の施設を探す
  • 新潟市秋葉区の施設を探す
  • 新潟市西区の施設を探す
  • 新潟市西蒲区の施設を探す

  • 在宅サービス対応施設を探す
  • 地域密着型サービス対応施設を探す
  • 入所サービス対応施設を探す
  • 介護保険外のサービス対応施設を探す

空室情報

職員募集・ボランティア募集

介護職員初任者研修講座

介護職員実務者研修講座

喀痰吸引等研修