トップページ > これからの介護は「施設」で「プロ」の手を借りて。

これからの介護は「施設」で「プロ」の手を借りて。

 このように論を進めて来ると、介護は決していわゆるボランティアではないということです。そして在宅介護に大きな役割を果している妻の立場を考えたとき、今後はその割合が減少したとしても、増加はしないのではないでしょうか。すなわち社会福祉法人などの「プロ」の果たす役割や「施設」の必要性が大きくなるということです。
  前述したように厚生省は「施設」よりも「在宅」での介護を重視していますから、その方針でいる限り、今後は施設が足りなることは明白です。

お問い合わせ

025-277-8820